top of page

​Blog : 行政書士の仕事部屋     

 ~ 事務所の中の小さな本棚 ~ 備忘録

 ≫ 老いてなお … 生きるための知恵

  • 執筆者の写真山岸 研

【つながるカレッジねりま 第2週】

更新日:2023年5月26日


2023年 5月23日 第2週【 練馬区の施策(地域福祉) 】:福祉部管理課


《 練馬区の取組について 》

 急速な少子高齢化や高齢者世帯・ひとり暮らし世帯の増加などの影響により、地域の関係性が希薄化するとともに、地域が抱える課題は多様化・複雑化している。地域福祉は、地域生活課題に対応する福祉施策を総合的に推し進めることで、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる社会の実現を目指す。


*練馬区の人口

 区の総人口推移は増加傾向にあるが、その特徴は外国人人口の増加にある。彼らが生産年齢人口を押し上げている点にも着目したい。


*練馬区の高齢化率

 団塊ジュニア世代が、後期高齢者となる2045年問題を見据え、今後高齢者人口の比率上昇とともに生産年齢人口の低下は避けられない。

 地域によるばらつきが著明。光が丘団地等では高齢化率約50%で、その周辺にある谷原や高松では12%となっている。


*区の財政運営問題

 子育て世帯や障害をもつ方、不登校児やLGBTQ+等、多くの福祉課題がある中で、「ふるさと納税」による区外への住民税流出は深刻な問題である。



【講義を通じての振返り】

※ふるさと納税による住民税の流出に関して:流動的な住民構成の都心部では、止むを得ないのではないか。この練馬で一時的に暮らし、ましてやその行政サービスの恩恵を享受実感できなければ、多くの住民は、区へお金を落とそうとは考えないであろう。流出抑止のためには、『選ばれる街・住みたい街つくり』こそが喫緊の課題であり、区独自の魅力的な行政サービスを提供し、アピールしていくことが大切ではないだろうか。一区民としてできることはなにか? 当該講座を通じて考えていきたい。


 

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【つながるカレッジねりま 第7週】

2023年 6月 27日 第7週【 公益財団法人 アイメイト協会 】 【公益財団法人 アイ メイト協会】 ※1957年、盲導犬事業の先駆者として、練馬区において産声を上げ活動。 当該講義では、目の見えない方との接し方や、アイメイト(盲導犬)との体験歩行を行う。 ≪学んだこと≫ *繁殖、飼育、リタイア後、不適格犬等、アイメイト育成事業は、多くの奉仕者によって支 えられているということ。 *盲導犬は、

【つながるカレッジねりま 第1週】

2023年 5月16日 第1週【 社会福祉原論 】:講師 今井 伸 氏 *社会福祉(保障)の歴史(イギリスを中心に) 貧困からの救済: Q:貧困は、個人の道徳的堕落・責任によるのか? 『劣等処遇の原則』:救済を受ける対象者は、最下級労働者の生活水準より 悪いものでなければならない、という原則。(新救貧法 1834) →すべては自己責任。沈みかけた船の座席争い、弱者が弱者の足を引っ張 りあう、現代の

Comments


bottom of page